アメリカのスラング1 – ファック

 

 

「ファッッック!」

よく映画で聞いたりしますよね。日本人が思うファックの意味はきっと、殺すか犯すだと思います。間違ってはないのですが、それだけじゃないんです。

 

 

 

例えば次のような文があります。

「This ramen is fucking good!」

訳すと、

「このラーメンめちゃくちゃうめええ!」

って感じになります。

「This is fucking small」

は「これちょう小さい」

つまり、「fucking」は「very」と同じ意味になるんです。

悪い意味ではなくて、普通にみんな使ってます。

「fuckin’」と表現されるときもあります。

今度使って見ましょう。

「I’m fucking awesome!」

Share Button