曖昧な返事は危険!

日本

A:「今週の土曜あいてる?友達とハイキングにいくんだけども、一緒に行かない?」

B:「どうしようかな、あー、ちょっと、忙しいんだよね。でもどうしようかな、いこうかなぁ・・・」

A:「そうかぁ、ちょっと忙しそうだね。まあ気が向いたら連絡ちょうだい。」

B: 「うん、わかった。」

 

アメリカ

A:「今週の土曜あいてる?友達とハイキングにいくんだけども、一緒に行かない?」

B:「どうしようかな、あー、ちょっと、忙しいんだよね。でもどうしようかな、いこうかなぁ・・・」

A:「きてくれるんだ、やったー!よかったー!

B:「え、あの、うん・・・楽しみだね。」

 

Yeah…とか言っちゃうと、どんな感じでそれを言おうが、YESなのです。気をつけましょう。
はっきりと、YesかNoか言えない人はちょっと辛いときがあるかもしてませんね。

Noと言ったからといってそれが失礼になる文化ではないので、はっきりといいましょう。

Share Button

日本人好きのアメリカ人と出会える場所

ずっと前、このサイトの記事にオタク女子を探せみたいなことを書いてましたね。ちょっとそういう女の子と出会える方法を最近見つけたので紹介します。

アメリカの学校で出会う

いやもう私は生徒じゃないよちくしょー、っと思ったかもしれませんが、生徒じゃなくていいんです。アメリカの大学は日本ほど厳しくなく、部外者が簡単に出入りできてイベントに参加できます。するとそこには必ずと言っていいほど、オタク系の集まりや、日本人と交流するイベントがあるのです!そういう所に進んで参加しましょう。あなたが日本人というだけで、彼ら彼女らにはブランドなのです。そう「日本人は高級ブランド」これを忘れずに。自信をもっていきましょう。

ローカルmeetupで出会う

ローカルにもイベントがあるんです。もしアメリカにいるなら、meetup.comなどのローカルイベントサイトで「japan」と入れて検索してみてください、何かでてきます!これは学生よりだった大学に比べ、もっと一般の人の集まりですので、また違った顔ぶれが見れることでしょう。

Share Button

アメリカ人と目があったらどうしたらいいの?

見つめる猫

日本では目があったらどうしますか?

目そらしますよね。知らない人と目があったらすぐにそらすはず。

じゃあアメリカ人と目があったらどうするのが普通なのか?

まず色々な場合がありますが基本は、

目をそらしてはいけない。

男性と男性の場合

見つめたままあごを軽く上に出す動作をしましょう。そして、遠くだったらその後目をそらしてもOKです。近くだったら、そのまま目をそらすのもOKですが、「What’s up」や「How are you doing?」などと声をかけましょう。え、会話したくないよと思うでしょうが、これは挨拶と同じようなものなので、返事しなくても大丈夫です。なんなら、「hey」くらいいっておけばいいでしょう。

 

男性と女性の場合

あごを上に出す動作はせず、ただニコっとしましょう。男性が軽く眉毛を上にあげる動作をするときもあります。口パクで「hi」という時もありますが女性に多いです。そしてその後目をそらしましょう。そして悲しいお知らせですが、

かわいい女の子がニコっとしてきても、脈があるわけじゃありません。

女性と女性の場合

女性同士の場合はニコっと笑ってその後に目をそらすケースが一般的です。

 

アメリカでは日本人がやるような、あからさまに目をそらす動作はむしろ失礼にあたります。ニコっと笑顔を見せましょう。

Share Button