アメリカ人は料理できない

ピザ
基本的に、アメリカ人は料理できません。

これを見たアメリカ人が怒るでしょう。

そんなことはない。私はサンドイッチだってホットドックだって作れるし、ピザだって焼ける!なんていうでしょう。

そうなんです。パンに肉を挟んだり、買ってきた冷凍ピザをオーブンに入れるレベルの料理なんです。そりゃ中にはもっと色々作れる人はいますよ。でも日本のように、ご飯、魚料理、サラダ、汁物が同時にでてくるようなことは決してありません。一品料理が普通。それにビールをつけてアメリカ料理。そんなもんなんです。決して期待しないようにしましょう。

もしアメリカ人と付き合う覚悟があるなら、自分が作るとういう意気込みで行かないと、がっかりしてしまうかも。

ちなみに、スパゲッティをアルデンテで茹でることのできるアメリカ人に今まで一度もあったことがありません。

共働きが普通なので、日本のように母親の味を娘が学ぶとういうことはあまりありません。そもそも母親が料理作れません。男性も、小さいころからあまり美味しいものを食べてこなかったせいか、ファストフードですませて自分で作ろうとはしないのです。

それに比べて、アメリカの南側の州にたくさんいるメキシコ人は料理が上手です。メキシコ料理はおいしい。タコス最高!

正直アメリカの食文化にはがっかりです。

Share Button

アメリカのスラング1 – ファック

 

 

「ファッッック!」

よく映画で聞いたりしますよね。日本人が思うファックの意味はきっと、殺すか犯すだと思います。間違ってはないのですが、それだけじゃないんです。

 

 

 

例えば次のような文があります。

「This ramen is fucking good!」

訳すと、

「このラーメンめちゃくちゃうめええ!」

って感じになります。

「This is fucking small」

は「これちょう小さい」

つまり、「fucking」は「very」と同じ意味になるんです。

悪い意味ではなくて、普通にみんな使ってます。

「fuckin’」と表現されるときもあります。

今度使って見ましょう。

「I’m fucking awesome!」

Share Button

曖昧な返事は危険!

日本

A:「今週の土曜あいてる?友達とハイキングにいくんだけども、一緒に行かない?」

B:「どうしようかな、あー、ちょっと、忙しいんだよね。でもどうしようかな、いこうかなぁ・・・」

A:「そうかぁ、ちょっと忙しそうだね。まあ気が向いたら連絡ちょうだい。」

B: 「うん、わかった。」

 

アメリカ

A:「今週の土曜あいてる?友達とハイキングにいくんだけども、一緒に行かない?」

B:「どうしようかな、あー、ちょっと、忙しいんだよね。でもどうしようかな、いこうかなぁ・・・」

A:「きてくれるんだ、やったー!よかったー!

B:「え、あの、うん・・・楽しみだね。」

 

Yeah…とか言っちゃうと、どんな感じでそれを言おうが、YESなのです。気をつけましょう。
はっきりと、YesかNoか言えない人はちょっと辛いときがあるかもしてませんね。

Noと言ったからといってそれが失礼になる文化ではないので、はっきりといいましょう。

Share Button