アメリカのスラング1 – ファック

ファック
アメリカ
1

「ファッッック!」

よく映画で聞いたりしますよね。日本人が思うファックの意味はきっと、殺すか犯すだと思います。間違ってはないのですが、それだけじゃないんです。

例えば次のような文があります。

「This ramen is fucking good!」

訳すと、

「このラーメンめちゃくちゃうめええ!」

って感じになります。

「This is fucking small」

は「これちょう小さい」

つまり、「fucking」は「very」と同じ意味になるんです。

悪い意味ではなくて、普通にみんな使ってます。

「fuckin’」と表現されるときもあります。

今度使って見ましょう。

「I’m fucking awesome!」

ピンバック: Maria Smith
1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

チップジャー
アメリカ
1
アメリカでチップってどのくらい払ったらいいの?

チップは大体、15%〜20%でそしてほぼ「強制」   例えば、10ドルのハンバーガーを食べ …

ピザ
アメリカ
1
アメリカ人は料理できない

基本的に、アメリカ人は料理できません。 これを見たアメリカ人が怒るでしょう。 そんなことはない。私は …

アメリカ
4
曖昧な返事は危険!

日本 A:「今週の土曜あいてる?友達とハイキングにいくんだけども、一緒に行かない?」 B:「どうしよ …