アメリカでチップってどのくらい払ったらいいの?

チップジャー
アメリカ
1

チップは大体、15%〜20%でそしてほぼ「強制」

 

例えば、10ドルのハンバーガーを食べたとしたら、実際に払う金額は11.5ドルから12ドルくらいということです。これがもし、20ドルだったら、24ドル、もし家族で食事して50ドルだったら、60ドル払うことになります。

払わないこともできますが、払わないと「感謝の気持ちがない」とかそういうことを言われたり、払ってくださいとなぜか店側から言われることも。

チップの払い方

  1. キャッシュ、テーブルの上に食事代とは別に置いておく
  2. カード、カード決済するときに、アメリカではすでチップを書く欄があります。そこにかきます。
  3. チップジャー、支払いのカウンターの瓶などにチップと描いてあり、コーヒーショップなどではそこに入れることもできます。
  4. チェック(小切手)、これは珍しいです。小切手に金額をかいて店員に渡します。

ウェイターやウェイトレスの態度が悪い場合


そういう場合はペニーを一枚テーブルに置いておくという風習があるようです。そこまで一般的ではないですが、一円になるかならない程度のペニーを一枚テーブルに置くことで、「お前のサービスは1セントの価値しかない」という意思表示をすることもたまに。

正直、個人的にはなんて理不尽なシステムなんだと思う。10ドルのハンバーガーも、70ドルのステーキも、あんまり重さも変わらないのに、チップはきっと10ドル以上の差が。でも最近ではアメリカでもこのシステムを見直そうとする動きがあるようです。いつかなくなってほしいものです。

ピンバック: Maria Smith
1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ピザ
アメリカ
1
アメリカ人は料理できない

基本的に、アメリカ人は料理できません。 これを見たアメリカ人が怒るでしょう。 そんなことはない。私は …

ファック
アメリカ
1
アメリカのスラング1 – ファック

「ファッッック!」 よく映画で聞いたりしますよね。日本人が思うファックの意味はきっと、殺すか犯すだと …

アメリカ
4
曖昧な返事は危険!

日本 A:「今週の土曜あいてる?友達とハイキングにいくんだけども、一緒に行かない?」 B:「どうしよ …