アメリカでチップってどのくらい払ったらいいの?

チップは大体、15%〜20%でそしてほぼ「強制」

チップジャー

例えば、10ドルのハンバーガーを食べたとしたら、実際に払う金額は11.5ドルから12ドルくらいということです。これがもし、20ドルだったら、24ドル、もし家族で食事して50ドルだったら、60ドル払うことになります。

払わないこともできますが、払わないと「感謝の気持ちがない」とかそういうことを言われたり、払ってくださいとなぜか店側から言われることも。

チップの払い方

  1. キャッシュ、テーブルの上に食事代とは別に置いておく
  2. カード、カード決済するときに、アメリカではすでチップを書く欄があります。そこにかきます。
  3. チップジャー、支払いのカウンターの瓶などにチップと描いてあり、コーヒーショップなどではそこに入れることもできます。
  4. チェック(小切手)、これは珍しいです。小切手に金額をかいて店員に渡します。

ウェイターやウェイトレスの態度が悪い場合


そういう場合はペニーを一枚テーブルに置いておくという風習があるようです。そこまで一般的ではないですが、一円になるかならない程度のペニーを一枚テーブルに置くことで、「お前のサービスは1セントの価値しかない」という意思表示をすることもたまに。

正直、個人的にはなんて理不尽なシステムなんだと思う。10ドルのハンバーガーも、70ドルのステーキも、あんまり重さも変わらないのに、チップはきっと10ドル以上の差が。でも最近ではアメリカでもこのシステムを見直そうとする動きがあるようです。いつかなくなってほしいものです。

Share Button

アメリカ人は料理できない

ピザ
基本的に、アメリカ人は料理できません。

これを見たアメリカ人が怒るでしょう。

そんなことはない。私はサンドイッチだってホットドックだって作れるし、ピザだって焼ける!なんていうでしょう。

そうなんです。パンに肉を挟んだり、買ってきた冷凍ピザをオーブンに入れるレベルの料理なんです。そりゃ中にはもっと色々作れる人はいますよ。でも日本のように、ご飯、魚料理、サラダ、汁物が同時にでてくるようなことは決してありません。一品料理が普通。それにビールをつけてアメリカ料理。そんなもんなんです。決して期待しないようにしましょう。

もしアメリカ人と付き合う覚悟があるなら、自分が作るとういう意気込みで行かないと、がっかりしてしまうかも。

ちなみに、スパゲッティをアルデンテで茹でることのできるアメリカ人に今まで一度もあったことがありません。

共働きが普通なので、日本のように母親の味を娘が学ぶとういうことはあまりありません。そもそも母親が料理作れません。男性も、小さいころからあまり美味しいものを食べてこなかったせいか、ファストフードですませて自分で作ろうとはしないのです。

それに比べて、アメリカの南側の州にたくさんいるメキシコ人は料理が上手です。メキシコ料理はおいしい。タコス最高!

正直アメリカの食文化にはがっかりです。

Share Button

アメリカのスラング1 – ファック

 

 

「ファッッック!」

よく映画で聞いたりしますよね。日本人が思うファックの意味はきっと、殺すか犯すだと思います。間違ってはないのですが、それだけじゃないんです。

 

 

 

例えば次のような文があります。

「This ramen is fucking good!」

訳すと、

「このラーメンめちゃくちゃうめええ!」

って感じになります。

「This is fucking small」

は「これちょう小さい」

つまり、「fucking」は「very」と同じ意味になるんです。

悪い意味ではなくて、普通にみんな使ってます。

「fuckin’」と表現されるときもあります。

今度使って見ましょう。

「I’m fucking awesome!」

Share Button